おすすめ クレンジング

なぜ、30代、40代、50代はクレンジングにこだわるのか?

スキンケアにおいて、初めの入り口は肌の汚れを落とす事です。その中でもまずは、メイクの油を落とす「クレンジング」は、正にファーストスッテプです。

 

このクレンジングという第一歩で実は、躓いている人は実は多いのです。

 

本来、美肌の為におこなう「クレンジング」ですが「敏感肌」、「大人ニキビ」の原因となっている事もあるから注意です。

 

特に、30代、40代、50代はクレンジングに気をつけた方がよいと言えるでしょう。

 

 

 

 

なぜ、30代、40代、50代はクレンジングにこだわるのか?

 

 

 

 

なぜ、クレンジングで肌が悪化するの?

 

 

 

クレンジングは、スキンケアの工程の中でも一番、お肌に負担を強いるものです。

 

メイクは、人工的な油性の汚れです。

 

この油汚れを落とすのには、皮脂などを落とす洗顔料よりも強い洗浄力が必要になってきます。

 

 

 

基本的なクレンジング料に共通して含まれているのが「界面活性剤」です。

 

「界面活性剤」とは、本来は馴染まない「油」と「水」を一緒にして洗い流す用途で使われています。

 

 

この「界面活性剤」の種類と量により、クレンジングクの洗浄力とお肌への負担は変わっていくわけです。

 

 

 

 

クレンジング料の界面活性剤

 

 

 

 

正常なお肌は、肌の表面にある角質層によって外部の刺激から守られています。

 

また、お肌もお肌を守り、水分が蒸発するのを防いだりする為に機能しています。

 

 

 

 

これを「バリア機能」といいますが

 

このバリア機能は「界面活性剤」によって弱められる事もあります。

 

 

 

生まれつきお肌が薄くて刺激に弱い方もいますが

 

間違ったクレンジングのやり方やクレンジングのし過ぎで、バリア機能が緩んで

 

 

敏感肌になっている人も多いのです。

 

 

 

30代、40代、50代と年齢を重ねていく度に。加齢により

 

お肌の油分は減少して、お肌も乾燥しやすくなります。

 

 

ですので、余計にクレンジングに注意を払わなければいけないというわけです。

正しいクレンジングの方法とは?

メイクは、落とした方が良いのでもちろんクレンジングをするのですが、「洗い過ぎ」には注意が必要です。
上記で一通り説明した様に、クレンジングのやり方を間違えるとお肌を痛めて肌荒れなどの原因になるのです。
ここで大切になってくるのが時間をなるべくかけないでクレンジングをする方法です。

 

 

正しいクレンジングのやり方とは?

 

 

 

正しいクレンジングは、一分以内が理想?

 

 

現在ではファンデーションも良質な物が多くなっていますので、一般的なクレンジング料を使った場合
メイクの細かい汚れをきにするくらいであればぱぱっとクレンジングは済ませてしまった方が良いと思います。
ですので、まず覚えて欲しいのは、どれだけクレンジングを手短に済ます事ができるのかという事です。

 

 

 

万が一、メイク汚れが残っていたとしても洗顔で洗うくらいの気持ちでクレンジングは行いましょう。

 

 

次に意識して欲しいのがクレンジングをのばすしていく順番です。

 

 

順番は以下の通りです。

 

 

  1. Tゾーン
  2.  

  3. Uゾーン
  4.  

  5. 目の周り口の周り
  6.  

 

これは皮脂分泌の多い場所から洗浄する事で、お肌に負担がかからない順番になっています。

 

ですので、お肌の比較的弱い「目の周り口の周」は最後に洗います。

 

 

この要領で顔全体に馴染ませたらぬるま湯で洗い流します。

 

 

 

ここで、全てを洗い流そうとしてやけになってしまうとゴシゴシ洗いなどをして

 

更にお肌を痛めたりシミ・シワなどのお肌の老化を進行させる事になりますので注意です。

 

 

 

それよりは、七割程度かそれ以下が落ちていればOKとしましょう。

 

 

 

また、ポイントメイクを残りも気になる所ですが、肌に浸透する事はありまので

 

アイラインやマスカラが多少残っていても気にする事はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知っておこうクレンジングの種類と私がおすすめするクレンジング料

クレンジング料と一言で言っても実に色々な種類が存在します。

 

ここでは、ベーシックなクレンジング料の考え方と私がおすすめするクレンジング料について解説していきたいと思います。

 

考え方として一般的にクレンジング料の洗浄料が強い=お肌への負担が強いという事です。

 

(但し、例外もありますが)

 

 

ここについて詳しく紹介していきます。

 

 

知っておこうクレンジングの種類

 

 

 

市販のクレンジング料の種類と洗浄力

 

 

 

市販のクレンジングにおいて洗浄力とお肌のダメージは、大まかに下記の通りにまとめられると

 

思いますので、お使いのクレンジングを理解するのに参考になれば幸いです。

 

 

 

シートタイプ

手間なく簡単にメイクオフできるますが反面、界面活性剤の力だけで

 

洗浄しますのでお肌へ負担が一番大きいクレンジングです。

 

また、お肌へ摩擦がどうしても強くなる部分も懸念材料です。

 

オイルタイプ

油分は含まれますが、界面活性剤の含有率は大きいです。

 

ササッとクレンジングできますが、お肌へのダメージもあります。

 

ジェルタイプ

お肌への負担と洗浄力では、この中で真ん中に位置するクレンジングです。

 

クリームタイプ

比較的お肌に優しく、洗浄力もまずまずのクレンジング料です。

 

ミルクタイプ

水分が多く含まれている分、お肌には優しいのですが、洗浄力は

 

左程、強くありません。

 

 

 

 

 

如何でしょうか? 一度、ご自身のお使いのクレンジングと比較してみて下さい。

 

 

 

 

クレンジング料を使い分けるという方法

 

 

 

これまで解説してきた様に「クレンジングの洗浄力が強い」という事はお肌へのダメージもそれだけ大きいという事を

 

解説してきました。

 

 

 

じゃあ、クレンジング料を使わなければ良いかというとそうもいきませんし、洗浄力の弱いものでは

 

落ちないないメイクもあるわけです。

 

 

 

ここで、考えて欲しいのは、私達は毎日同じメイクをしていないという事です。

 

 

 

仕事の日、誰かに合う日、休みの日、人には合わない日など日よって

 

メイクも気合が入る日もあれば、手を抜く日もあります。

 

 

 

性格によってこれの辺りは、差はあれど誰でもこういう側面があるはずです。

 

 

 

ならば、日変わりのメイクに合わせてクレンジング料を変えるというのも

 

肌トラブルを避けて、美肌を保つためには必要な考え方です。

 

少し面倒ではありますが、慣れればどうって事ありません。

 

 

 

もっと大切なのは、将来のあなたのお肌を考える事で

 

ケアも楽になるし、トラブルを補う為のコスメに使うお金も節約されるという事です。

 

 

 

 

管理人がおすすめするクレンジングについて

 

 

 

最後に、これまで説明してきた事を踏まえて管理人がおすすめするクレンジング

 

を紹介していきます。

 

 

 

洗浄力とお肌へ影響のバランスを考えて厳選しました。

 

日常のご自身のメイクとどちらをメインのクレンジングに据えた方がいいのか

 

考えてみて下さいね。

 

 

肌ナチュール リッチモイストクレンジング」とフリル「クリアゲルクレンズ」

 

 

 

 

メイクが薄い方向け「肌ナチュール リッチモイストクレンジング」について

 

 

 

 

肌ナチュール リッチモイストクレンジング」

 

 

 

肌ナチュール リッチモイストクレンジングですが、これ本当にコンセプトが面白くて

 

「炭酸で落とすタイプ」のクレンジングです。

 

 

つまり、基本的にクレンジングは、油と界面活性剤の力で洗浄する。

 

ただ、メイクは落ちるけどお肌には負担をかけているわけです。

 

 

 

そこを炭酸のチカラで落としてしまって肌にダメージを与えない

 

というのが、肌ナチュール リッチモイストクレンジングを使うメリットです。

 

 

 

実際にメイク落ちも悪くありませんが、若干洗浄力は弱めです。

 

その代わり、お肌への刺激は本当に少ないです。

 

 

肌ナチュール リッチモイストクレンジングはどちらかと言えば

 

ナチュラルメイク向けのクレンジングですが、杉本彩さんが宣伝されているだけあり

 

30代、40代、50代とお肌に負担を掛けてはいけない世代に使って欲しいメイク落としです。

 

 

 

やじるし肌ナチュールリッチモイストクレンジングの詳細

 

 

 

フルリ『クリアゲルクレンズ』について

 

 

フルリ『クリアゲルクレンズ』

 

 

 

フルリ『クリアゲルクレンズ』は、石油系合成界面活性剤は不使用を初めとして添加物も排除して

 

コチラもお肌に優しいクレンジング料です。

 

 

また、美容成分も配合されており洗い上がりがしっとりします。

 

 

 

ただし、フルリ『クリアゲルクレンズ』は界面活性剤を洗浄のメインとして使っているので

従来のクレンジング料ですが、肌ナチュール リッチモイストクレンジングに比べて

 

メイクの落ち具合はバッチリです。

 

 

フルリ『クリアゲルクレンズ』はどちらかというと、しっかりとしたメイクをする方向けです。

 

 

 

 

 

やじるしフルリ『クリアゲルクレンズ』の詳細

 

 

 

 

以上が、私のおすすめするクレンジングです。

 

実際にはこのサイトでも書いていますが、人によってメイクの濃さと薄さは日によって差があるのが現実です。

 

ですので、欲を言えば日によって(メイクの濃淡によって)クレンジングも変えていくのが、美しいお肌を保つ秘訣でも

 

あると思います。

 

 

 

30代、40代、50代とこれからのお肌を考えていくのであれば、尚更の事です。

 

クレンジングでお肌が傷んでそれを穴埋めする為の、コスメ代を考えるのであれば

 

絶対、クレンジング料に日常的に注意を払った方が賢いと言えるかもしれません。