おすすめ クレンジング

優しいクレンジングの問題点とは?

クレンジングの洗浄力が強いとお肌への影響力は大きいです。

 

それは、洗浄力に使われる「界面活性剤」によるもので、よく落ちるもの程、お肌を痛めやすいので注意です。

 

但し、お肌に優しいクレンジングなら良いかとうと、必ずしもそうでもないので注意です。

 

 

優しいクレンジングの問題点とは?

 

 

 

なぜ、優しいクレンジングが駄目なの?

 

 

私の体験からいうと「優しいクレンジング」は洗浄力が弱いのでメイク落ちが

 

悪い傾向があります。

 

 

これは、全てがそういうわけではありませんが、

 

お肌に優しいクレンジング=メイクの汚れがあまり落ちない

 

というものが多いのは、経験としてあります。

 

 

 

もちろん、先々のお肌を考えると

 

 

最優先するべきは「お肌に負担を与えない」のがベストですが

 

クレンジング料ですので、全くメイク落ちが落ちが悪い場合は、困るわけです。

 

 

お肌へ優しいクレンジング料を使う際の活用法

 

 

 

この辺りは、ご自身のメイクとの兼ね合いもあるますので

 

難しいのですが、一番良いのはメイクとクレンジングにメリハリをつける事です。

 

 

 

メリハリというのは、日によってメイクの度合いがでてくるので

 

それに合わせてクレンジング料も選ぶという事です。

 

 

 

つまり、どうしても濃い目のメイクの場合はそれなりのクレンジング料を。

 

あまり、ガッチリとしたメイクを必要としない日は、お肌に優しいクレンジングを使う事で

 

メリハリがでてきます。