おすすめ クレンジング

どんなクレンジングはお肌を痛めやすいの?

ここでは、お肌を痛めやすいクレンジングについて具体的な例を挙げて説明していきたいと思います。

 

まず、大雑把に言える事は「丁寧なクレンジング」程お肌を痛めやすいという事です。

 

「丁寧で何がワルイの?」と思われるかもしれませんが、これはクレンジング料の性質を考える必要があります。

 

 

これについては、このサイトで何度も説明しているので詳しくは割愛しますが

 

クレンジング料はメイクを落としてくれるという役割を果たす反面、その洗浄力がお肌へ影響を及ぼしかねません。

 

 

つまり、使い方によっては「毒にも薬にもなる」のがクレンジングなのです。

 

 

 

どんなクレンジングはお肌を痛めやすいの?

 

 

 

クレンジングのやり方:具体的なNG集

 

 

 

以下は、お肌を間違って痛めてしまっている典型的な例です。

 

ご自身の場合、クレンジングのやり方としてこれに該当しないか

 

一度、チェックしてみましょう。

 

 

 

■ クレンジングでマッサージ

 

 

 

まず、一般的なメイク落としの場合いは

 

クレンジングをしながら毛穴まで念入りにマッサージなどはお肌に

 

触れる時間が長すぎるので、非常に負担になります。

 

 

 

 

お肌に良いと思ってマッサージをするわけですが実際は逆効果です。

 

 

 

 

■ ポイントリムーバーを使用する

 

 

ポイントリムーバーは、お肌への刺激は強いです。

 

また、擦り過ぎるとシワの原因になりますので、専用リムーバーがおすすめです。

 

 

また、同様の理由でシートタイプのクレンジングも要注意です。

 

簡単にメイクオフできる反面、お肌を傷める恐れが大きいのを覚えておきましょう。